ふるさと鴨川ブログ

鴨川市ふるさと回帰支援センタースタッフによるブログ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

季節は変わり・・・

厳しい残暑の戻りを覚悟していましたが、朝晩の空気からは
どことなく秋の訪れを感じます。
もう夏も終わりなんだな…と思うと一抹の寂しさもあり・・・

さて心残りといえば、「この夏は1度くらい、海に入ろう!」
なんて意外にも考えていたおかぴょんですが、実行することなく
シーズン終了。
こんなにも海が近い環境に住んでいても、マリンレジャーに
そう縁がないってどんなもんなんですかねえ。海

それとBBQ焼肉もあと1回はしたいな〜と思っています。
(サンマサンマも出回ってきたことですしニコ

あっ、久しぶりのブログなのにくだらない話題ばかりですみません泣き

え〜、今年は我が家の猫の額ほどの菜園スペースできゅうり、
ナス、トマトを育てました。
きゅうりはまずまずだったのですが、ナスは激しく不調でした・・・。
トマトは脇芽をもらって挿したので、収穫までたどり着けるか微妙です。
きゅうりの後にはスナップえんどうを育ててみようかなと目下、思案中です。

センターで管理している農園ではトマトもナスもたくさん収穫できました。
ししとう、ピーマンもよく獲れましたが、ズッキーニは病気に弱いのでしょうか、
後半は収量が激減。 スイートコーンについては有害鳥獣(おそらくタヌキ)被害で、
なんと、全滅〜ガッカリ

野菜栽培は本当に難しいですね。おわり








 
日記 | - | trackbacks(0)

早春の味覚。

今日は本降りの雨です。

先日のセミナーは今年度最後の開催ということで閉講式も兼ねて
行いました。

温州みかんの剪定をしに行った農園で、たくさんの“ふきのとう”を
見つけました。
ただ、残念ながら収穫適期にはちょっと遅すぎました〜泣き
“ふきのとう”の天ぷらはもちろん、“ふきみそ”も大好きニコ
おかぴょんはちょっとガッカリでした。
(あっ電球 目的はみかんの剪定でしたね〜ちゃん

これまであまり栄養価については考えたことはなかったのですが、
“ふきのとう”にはカリウムが豊富なんだそうです。
カリウムは体内の塩分を排出してくれる役割があるので、むくみの改善
などに効果あり!
また、苦み成分には発がん物質の抑制効果が、“フキノリド”という香り成分には
胃腸の働きを良くする効果もあるんだそうです電球

ふきみそは、アクを抜き、茹でて刻んだふきのとうをみりんと味噌で炒め合わせる
だけでできるので、天婦羅で食べきれなかったらお試しあれ〜kyu     おわり





 
日記 | - | trackbacks(0)

もう?まだ?

今日は暖かい、春らしい陽気です。
春一番も吹くとかいっていたような・・・。

あの未曾有の被害をもたらした震災から3年が経ちました。
3年という月日は、“もう“と“まだ”がせめぎ合ってる・・・という
記事を目にしました。
3年が経った今も、いまだ26万人もの方々が仮設住宅での
避難生活を送られています。

今私が住む地域も大津波が起これば、被害は避けられないのが現実。
3年前の震災を教訓に、いまいちど防災・減災について考えていこうと
思うおかぴょんです。                 おわり

 
日記 | - | trackbacks(0)

読了!

啓蟄というのに冬の寒さです。

先月、センターへ届いた1冊の書籍、「週末は田舎暮らし」を
読みました。

「田舎暮らし」というキーワードから連想することは、豊かな自然環境に
囲まれた古民家で、農的・自給的な生活でしょうか?
都市の真逆が田舎なのだとしたら、わたしも確かに都市とはいえない、
完全なる田舎に住んでいますが・・・・。
では、そのライフスタイルは前述のような農的・自給的なのか?と問われれば、
大自然を満喫してます!というほど大層な暮しには程遠く・・・。

田舎にいるけど、「田舎暮らし」じゃない。
都市のようなモノが溢れ、便利な環境でもない。
どうにも中途半端です冷や汗

著者の方のほうが、よっぽど自然と近い暮らしをされています。
私は子供を野山に連れて走り回った思い出もほとんどありませんし、
いまだに草刈り機を使ったこともありません。

月〜金と勤めて、やっときた週末にフルに体を動かしたら、来週、体が
もたない〜ちゃん
当時はそう思っていた気がします。

遠くまで車を走らせなくても、自然に囲まれた環境が眼前にあったのね泣き

なんだか損しちゃったな〜と今にして思うおかぴょんです。    おわり




 
日記 | - | trackbacks(0)

ハコ・トリイ・むかで?

今月の帰農者セミナーでは「しいたけ農園」へお邪魔しました。

農園では既に伐採されて植菌できる状態になった原木へドリルで
穴を開け、種駒を打ち込むという作業をしました。

そのほだ木は梅雨ころまでは“仮伏せ”といって、ワラやビニールを
かぶせて保湿します。(菌を活着させるため)

梅雨時からは“本伏せ”になります。
成長に適した環境に移し伏せ込みます。

伏込み方法は実にいろいろとあるんです!
ハコ・とりい・井桁・むかで・よろい、などです。

おかぴょんも自宅でシイタケ栽培にチャレンジすることにしました。
しかし収穫まではなんと、1年から1年半もかかるんですよ〜笑
(だいぶ先だなあ・・・冷や汗

収穫期が待ち遠しいです。   おわり







 
日記 | - | trackbacks(0)

1万4500以上

陽射しが暖かく感じられますが、予報では寒いさがまた
戻ってくるようです。寒い

雪の重みで倒壊したビニールハウスの被害状況が、ニュースで
何度もとりあげられていましたが、なんと1万4500棟以上の
ハウスが損壊したとのことです驚き

農水省は再建費の助成をなどの支援策をまとめました。
倒壊したハウスの撤去・再建費用をの3割を補助。
果樹棚の再建に資材費用の半額を補助。
果樹を植えてから収穫までの4年分の経費として畑10a当たり
20万円の助成。
農業法人が雇用維持のため他の農業法人に従業員を派遣する場合、
最大で1人当たり毎月10万円を2年間支給。
金融公庫による被災者向け融資は5年間無利子化、などなど。

市内の農家でも育苗ハウスが倒壊したという話も耳にします。
早場米で知られるこの地帯ですが、もう種まき→育苗へと作業が
進む時期にかかりました。ハウスの補修も急務ですね。

大雪による損害額は今なお調査中のようです。
しかし、営農の継続を後押しするため、確定前に支援策を打ち出した、
とありました。

あまりの被害の大きさに、もう続けることは困難、と諦めていた農家も
少なからずいたことと思います。

国の助成が後押しとなり再建へ踏み出すか、それとも・・・・。

TPP交渉も、「目標としていた大筋合意を見送った」「交渉長期化の可能性
が強まった」とありました。

日本農業の未来はいったいどこへ、向かっていくのでしょうか・・・。おわり
 
日記 | - | trackbacks(0)

邪気を祓うはっ?!

雪予報が変わり、ホッとしているかたも多いでしょうか・・・。

ところで、3月3日はひな祭り。俗にいう「桃の節句」です。
一説によれば、平安時代に女の子の健やかな成長を願い、
邪気を祓うため人形を身代わりに流したことがはじまりなんだそうですが、
起源は中国にまでさかのぼるらしいですよ。

また桃の木には邪気を払う力があるとされ、“鬼退治をするのは桃太郎桃!”
となったとか。桃の花 桃の花 桃の花

華やかな人形を造る技術者が増え、流す風習から次第に飾られるように
なった雛人形。先週、わが家でも飾りました〜。 お雛様

料理にもそれぞれ意味があるのだろうなと思いつつ、あまり考えた
ことはなかったのですが、菱餅の配色にもちゃんとした意味がある
と知り、なるほど〜電球でしたちゃん

ちなみに菱餅の紅は桃の花、白は地上に残る雪、緑は雪の下に芽吹く新緑で、
節句のころの情景を現していたんいたんですね〜。 桃の花 雪 葉

はまぐりはピタリと合わさる貝は1つしかないというところから、
仲の良い夫婦の象徴だそうです。  ハートハート貝貝ハートハート

そのほかに、ちらし寿司や白酒、あられなどが行事食として定番ですが、
それぞれ縁起が良かったり、古来からの風習だったりします。

人形を飾ったり料理を作ったり、面倒に思いがちですが、恒例の年中行事を
行うことで自然と子供たちに伝わっていくことに価値があるのかもなぁ・・・

そんなことを思いつつ、実は宴席にかこつけたいおかぴょんです乾杯    おわり




 
日記 | - | trackbacks(0)

お金が働く?

気が付いたら、確定申告の時期ですね冷や汗
期間は来月の17日までのようです。

去年は医療費病院がなんやかんやで10万を超えた我が家・・・。
僅かな還付額といえど、もったいないので、申告に行く
予定です。お金

お金の話といえば気になるのは、インフレによる物価のアップ

これらの対抗手段として「お金に働いてもらう」という記事が
目に入りました目

株 投資信託 外貨預金ドル 金金 国債・・・いずれもリスクは
つきものですが、預貯金金利の低迷が続く昨今、金融資産に
替えるのも1つの手だてなのでしょう。
(しかし、おかぴょんには縁遠いハナシだなぁ〜ちゃん

記録的な大雪に見舞われた関東。
農産物への影響も甚大で、早くも野菜の値が高騰しています。
農家も消費者も、互いに厳しい状況ですね顔

財布の紐も、きつくなるいっぽうです。    おわり





 
日記 | - | trackbacks(0)

自給力アップ

今日も厳しい真冬の寒さです。
関東は2週続けて、雪の予報になりました。
でもこれが寒さの“底”。春が近い証拠だそうです。

春は近しといえど、この時期の野菜作りにトンネル栽培は欠かせませんよね。
当センターの農園でも、比較的寒さに強いニンジンとカブですが、
トンネルで被覆をしました。  にんじん  カブ

今回トンネルに使用した被覆材は“ビニール”でしたが、そのほか、ポリエチレン系
フィルムや不織布などもよく見かけます。

資材によって、保温性や透湿性が変わってきますし、野菜によっても耐寒性は
まちまちなので選択に迷いますが・・・。  はてな  はてな

笹を立てて霜よけをする程度でも栽培できる野菜は、「ネギ・玉ねぎ・ナバナ・
コマツナ・ホウレンソウ・ソラマメ」などです。
「ハクサイ・キャベツ・ブロッコリー・ダイコン」は収穫期にべた掛けや、土寄せ
をして防寒するとよいそうです。
「レタス・シュンギク・スイカ・カボチャ・キュウリ」などは寒さに弱いので、
トンネル&マルチでの被覆するのがおススメです。

さて、資材のほうですが、保温性に優れているのはダントツで“ビニール”です。
不織布は保温性は下がりますが、透湿性に優れているため、面倒な換気作業が省ける
という良さがあります。価格面からみても、ポリや不織布は安価です。

支柱の間隔は70〜80僂基準。
でも風の強いところでは少し狭く張るようにするとよいようです。
 指“ハ”の字にならないようまっすぐに立ててください!

ちなみに3月号の“現代農業”では「マルチ&トンネル コツと裏ワザ」という特集が
組まれていました〜。
直売に出荷をするという方は、早出しのための工夫などが載っていますので必見かもちゃん

上手に防寒して、“わが家の自給力アップ矢印”にチャレンジしましょうーガッツ     おわり









 
日記 | - | trackbacks(0)

12Km先は・・・

暦のうえでは“立春”とはいえ、ここのところ襲ってきた寒波の影響で
房総も寒いですね。
今年はいつになく雪の降る日が多いように思います。
土曜に降った雪はいまだに残っていますので、畑などへの影響も
大きかったのではないでしょうか?

我が家の周りにはまったく積もらなかったんです。雪
なので、あちらこちらで交通規制が出ていても、市街地はこんなもんなのだろう、
と正直たかをくくっておりましたちゃん
なのに12Kmほどしか離れていない職場に着いて軽く眩暈・・・顔
ああ、そういえばあの日、「子供とゆきだるま作ったよ〜」と言っていた友人の家とも10Kmと
離れてないんだった泣き  

有難いやら、損したみたいな複雑な心境です。   おわり



 



 
日記 | - | trackbacks(0)